• realclothes888

美容の歴史 2


1958年前後から存在感を現してきたのは カリタ です

マリア&ロージィー・カリタのカリタ姉妹は、当初ヘアースタイリストとして活躍しゴダール監督「勝手にしやがれ」のヒロインを演じた、ジーン・セパーグのカットを手掛けショートカットブームを起こしました。

1960年代、ロンドンの下町から長髪のマッシュルームカット、水玉や花柄など派手な柄でウエストを細くしたシャツ、股上の浅いスリムパンツ、幅広ネクタイ、そしてブーツなどで装ったモダーンズを略して  モッズ  と呼ばれたファッションが発信されました。

また、イギリスのトップモデル ツィギーによってミニスカートブームにも火がつきました。

その後、音楽やファッションで新たな表現を生み出すサイケデリック・ムーブメントがおこり学生運動を背景にヒッピーが流行し、discoブームへと続きます。

1970年後半からヘアー界では、ロンドンのジオメトリックカットとパリのフレンチカットと方向性が2つに分かれていきます。

1975年から1985年の10年間は、絶対的な勢いを持ってイギリスのジオメトリックカットがブームを呼びました。

その後、1985年を境に “フレンチタッチ” と呼ばれる フェミニンで柔らかさを加えたフランスのスタイルが1990年後半まで人気を集めました。

この60年以降、美容業界に

3つの大きな衝撃が

走ります。

大きな衝撃 1

それまでの、美容界の流れを根本的に変えたのは、

ヴィダル・サスーン

サスーンは初めてカットテクニックを理論的に展開し、それまでセットやレザーカットが中心に作られて来たスタイリングを、ブツ切り のカットで創り、世界中に大変な衝撃を与えました。

サスーンカット(ブラントカット)は、ボブ、ワンレングス、ステップボブなど、ヘアースタイルをラインで表現しました。

また、サスーンの誕生によりカットテクニックのマニュアル化が進みました。

次回につづく


46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

2021年度緊急事態宣言についての告知

おそらく発令されるであろう緊急事態宣言による、営業についてのお知らせです。 本日から緊急事態宣言期間中の受付時間を、基本的に パーマ、カラーなどは、17:30 カットは、18:30 とさせていただきます。 また、東京都や国による対策で美容室への要望や、受付時間の更なる短縮等が求められれば直ちに対処するつもりですので宜しくお願いいたします。 1月11日月曜日は祝日ですが、臨時休業とさせていただきます

Real Clothes

アル クローズ

東京都世田谷区北沢3−21−11パングラン1F
下北沢駅北口 徒歩5分 / 東北沢駅 徒歩5分
​ネット予約はダブルブッキンキグ防止のため予約できない場合がありますので電話でお確かめください。