• Yotsumoto Hirotada

美容師という職業


美容師という職業

お客様は、普通の主婦だったり、大企業の社長だったり秘書だったり、役者だったりその卵だったり、、、

高い講演料をもらって講演を頼まれる方だったり、動物の飼育員だったり、病院の先生だったり、ピアニストだったり

東大生だったり、小学生だったり、ある時は高名なスピリチュアルの先生だったり、スポーツマンだったり、、、。

お客様・・・「四元さん、きちんとお金払って先生の予約をとって聞いてくださいよ。カットしながら聞いたらダメですよ」

とか言われたこともある。。。

とにかく、様々な方々の髪を切らせていただく。その時間は2人きりで話すこともできる時間

いろいろな経験とお話を頂くことができる大変嬉しい職業であると思う。

 もちろん、その方の髪を切る人に選ばれないといけないという高いハードルはあるのだけれど。。。

 いろいろと印象に残るお客様は数多いのだけれど、今回は特に、私の印象に残っているお客様で、昭和5年生まれの関西時代に東京に来るまで15年担当させていただいた主婦のお客様の事を書きたいと思います。

その方は、演歌は聞かない。常に洋楽だけしか聞かないという主婦の方だった

娘さんが3人いて、私と同世代の娘さんも担当させていただいていた。

この洋楽好きな女性とは色々な話をして、人生観を学ばせていただいた。

ご主人も何度か迎えに来た時に会って優しいご主人だった

私・・・「 ご主人いつも優しいですね?」

洋楽好きな女性・・・「そうね。優しいわよ」

私・・・「また、生まれ変わって来生でもご主人と結婚しますか?」

洋楽好きな女性・・・「良い人だし、何も不満はないけど1回したから良いわ」

私・・・「 ・・・」

洋楽好きな女性・・・「スポーツ選手の奥さんとかアーティストの奥さんとか興味あるのよ」

私・・・「なるほど。。。」

数年後、、、

洋楽好きな女性・・・「主人が癌になったのよ。今病院から来たの」

私・・・「 え!」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

私・・・「・・・」

洋楽好きな女性・・・「余命が3ヶ月、、、。」

私・・・「 ご主人はご存知なんですか?」

洋楽好きな女性・・・「気丈な人だからね」

私・・・「ご存知なんですね」

洋楽好きな女性・・・「それでね、、、」

私・・・「 ・・・」

洋楽好きな女性・・・「今度生まれ変わったら、また一緒になってくれって言うのよ」

私・・・「もちろん返事は、ハイ ですよね?」

洋楽好きな女性・・・「私は嘘はつけないのよ」

私・・・「 えぇ、、、ご主人可哀想ですよ」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

私・・・「なんて答えたんですか?」

洋楽好きな女性・・・「探して。って言ったわよ」

私・・・「 探して。ですか?」

洋楽好きな女性・・・「そう。私を探してプロポーズしてくれたらね。って」

私・・・「・・・」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

私・・・「 素敵ですね。」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

私・・・「素晴らしいお話ありがとうございます」

洋楽好きな女性・・・「だからね、主人に見つかる前に結婚しないといけないのよ」

私・・・「 ・・・」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

その後、娘さんがご来店されて

私・・・「僕、お母さん素敵な人だなと思っていたんですけど、さらに好きになりましたよ」

娘さん・・・「なんで?」

私・・・「・・・・・と、お母さんと先ほど話したところだったんですよ」

娘さん・・・「あぁ〜、だからなのね」

私・・・「何がです?」

娘さん・・・「ココに来る前に父に面会に行ってきたの」

私・・・「・・・」

娘さん・・・「もうダメだ。って顔してたのに、今日は目に力が宿っていたのよね」

私・・・「・・・」

娘さん・・・「母に気合いれられたのね」

私・・・「まあ、ハイ。と返事されるより、ミッションを与えられてますもんね。。。」

娘さん・・・「母らしいわ」

2年後

洋楽好きな女性・・・「今日、2年ぶりに主人の部屋に入ったのよ」

私・・・「 そうなんですか」

洋楽好きな女性・・・「今まで、どうしても入れなくてね」

私・・・「・・・」

洋楽好きな女性・・・「・・・」

私・・・「 でも、次回は、ご主人に見つかる前に違う人と結婚するんですよね?」

洋楽好きな女性・・・「いや、やっぱり主人と結婚するんだわ」

私・・・「そうなんですか?」

洋楽好きな女性・・・「私たちは、前世も前々世もずーっと夫婦だったのよ。だから次も夫婦になるのよ」

私・・・「 そうなんですね」

関西時代に担当していたお客様の娘さんたちがリアルクローズに来られると、そのたびに、その方々のお母さんたちを思い出します。

あリがとうございました。


145回の閲覧

Real Clothes

アル クローズ

東京都世田谷区北沢3−21−11パングラン1F
下北沢駅北口 徒歩5分 / 東北沢駅 徒歩5分
​ネット予約はダブルブッキンキグ防止のため予約できない場合がありますので電話でお確かめください。